12<< 2012/01 >>02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-28 (Sat)
いぬぼく第3話を見てて、ちょっと疑問に思ったので。


主人公たちが住んでいるメゾン・ド・章樫。通称「妖館(あやかしかん)」

このマンション、どうやら各階に一つ(一世帯)しか入ってないようだ。

公式サイトやWikipediaによると、1号室に渡狸卍里、2号室に青鬼院蜻蛉、3号室に反ノ塚連勝、4号室に白鬼院凜々蝶が住んでいるようだ。

しかし、りりちよ様がラウンジ(何階かは不明)から自分の部屋(4階)に向かうシーン。

inuboku03_1.jpg


なぜかエレベーターに3階のボタンが存在していない。

作画ミス?かと思ったけど、

inuboku03_02.jpg

別角度のシーンにも存在していない(ちなみに、こっちは屋上ボタンもない)

明らかに、意図的に外されている気がする。

ってことは、3号室に住む反ノ塚連勝さんは一体どうやって3階に行っているのか?

一反木綿だから、飛んで行ってるのかな?

それとも、何か訳(伏線)があるのだろうか?

原作未読なのでわかりませんが、ちょっと気になった。

まぁ、このマンション。元々、いろいろ変な構造ではありますけど。



スポンサーサイト
| あにめ | COM(0) | TB(0) |
2012-01-28 (Sat)
ちょっと前から「enchant.js」とかいうプログラムをお勉強中なのです。

HTML5 + JavaScript ベースのゲームエンジンらしいです。

Web(スマホ)上で動くゲームが作れるようです。

ただし、IE上だと動かない。IE9だと動くみたい……?

仕方ないので、GoogleChromeを入れました。


んで、試しにサンプルソースをちょこちょこ弄ってみた。

zwei2_game.jpg

○パネルをクリックすると、上下左右真ん中の画像が入れ替わり、全て姫さんにするとクリアというよくあるミニゲームです。

画像は、まんまファルコム公式サイトから借りてるのでアウトなんですが(ごめんなさい)

まぁ、そのうち画像も自作して、何かしら公開できたらいいなぁと。

ドット絵はなんとなく描けるけど、一枚絵が描けないのよね……ぐぬぬ。

パズルとかトランプ系ゲーム作りに特化してるようなので、ファルコムゲーム内に出てくるミニゲームとかは作りやすいかもーなんて思ってみたり。

とりあえず、のんびりとやってみましょう。

でわわー。



| にちじょう | COM(0) | TB(0) |
2012-01-27 (Fri)
昨日、ファルコムさんがTwitterでRTした、とある動画があまりにも素晴らしく感動したのでご紹介というか自分用メモ。



「イカ娘×初音ミク+ファルコムBGM」という珍しいコラボ。

イカ娘も初音ミクもファルコム音楽も好きな僕にとっては、こりゃもう絶賛するしかわめ!

SD化された二人のキャラ(表情や仕草)も可愛いし、背景も超綺麗だし。

静と動を取り込んだ演出もカッコいいですねっ!

後半の流れるようなバトルシーンは、画面酔いするくらいだったw

そして、それぞれのシーンに上手くファルコムの音楽を使ってるのも良いよなー。

作者は外国の方らしいけど、愛が感じられますね(* >ω<)=3


こういうSD化は、ぐるみんやZWEIシリーズが良く似合うので、ぜひともパリンちゃんやアルウェン様をこんな感じで動かしてもらいたいですな。

ってか、こういう動画をいつか自分で作りたいっす!!


でわわー。



| ふぁるこむ | COM(0) | TB(0) |
2012-01-26 (Thu)
そういえば、ゲーム雑誌「ゲーマガ」が3月30日発売号で休刊となるそうで。

ゲーマガといえば去年、みもりんのサイン色紙が当たったけど、やっぱり「雑誌購入する人が少ない→懸賞に応募する人が少なかった」のかな。

最近は、雑誌を買う人減ってるからなー。特に情報誌系は、ネットで見た方が早いですからね。

となると、雑誌の懸賞って意外と狙い目なのかも知れませんなー。


そういや昔、うちの姉が懸賞雑誌の編集やってたこともあり、いろいろと面白い話や当てるコツ、ここでは書けない危ないネタや秘密を聞いたことがあったっけ。

今、懸賞雑誌ってあるのかな?

あと、懸賞専門サイトって全然当たらないよね。

そのクセ、いらないメルマガばっかり届くしな(´・ω・`)

でわわー。


| にちじょう | COM(0) | TB(0) |
2012-01-25 (Wed)
今期アニメ(2クール含む)のOP曲&ED曲が出揃ったので、ちょっとランク付けしてみました。

ほいさっさー。


OP曲
1 ギルティクラウン(OP2)
   The Everlasting Guilty Crown by EGOIST
2 戦姫絶唱シンフォギア
   Synchrogazer by 水樹奈々
3 探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕
   ナゾ!ナゾ?Happiness!! by ミルキィホームズ
4 パパのいうことを聞きなさい!
   Happy Girl by 喜多村英梨
5 妖狐×僕SS
   ニルヴァーナ by MUCC

やはり今期一番は、ギルティクラウンのOP曲ですね。
ハイテンポな曲に合わせた映像もカッコ良いの一言です。
そして、ミルキィホームズも一期に劣らず良い曲ですなー。
パパ聞きの曲は、喜多村英梨さんの声(歌い方)が可愛いのでランクイン。


さてさて、続いて。


ED曲
1 キルミーベイベー
   ふたりのきもちのほんとのひみつ by やすなとソーニャ
2 ハイスクールD×D
   STUDY × STUDY by StylipS
3 探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕
   Lovely Girls Anthem by 麻生夏子
4 あの夏で待ってる
   ビードロ模様 by やなぎなぎ
5 パパのいうことを聞きなさい!
   Coloring by 堀江由衣
※ 妖狐×僕SS
   楽園のPhotograph by 御狐神双熾

正直、今期のED曲は「コレだっ!」っていうのはなかった感じかな。
ただキルミーベイベーED曲は、変な中毒性があるというか、初めて聴いた時はショック受けました。
一度しか聴いてないのに、なぜか数日間脳内再生されるというか(笑)
あと、※印の妖狐×僕SS ED曲は、別に良い曲じゃないんですが(ヲイ!)歌詞があまりにも酷いので特別賞ですw
ちなみに、2/3まで公式サイトで限定公開してるので、興味ある方はどうぞw
http://www.inuboku.tv/movie/ED01.html

でわでわー。



| あにめ | COM(0) | TB(0) |
2012-01-22 (Sun)
今日の記事は、ちょっと危ない妄想全開っぽいイミフなのでお気をつけて^q^



アニメのOPやEDとか、ゲームのOPムービーを見たりしてると必ずやってしまうのが

大好きなキャラたちに置き換えた脳内変換(´-`).。oO(ホワホワ…)


先日ギルティクラウンというアニメのOPが新しくなりました。

いやーこれが曲も映像も、めちゃくちゃカッコ良いぃ!!

んで何度もリピートしてる間に、いつしかZWEI2のキャラたちに強制脳内変換されてました(笑)※たまに発生します。

このキャラはアルウェン様で、こいつはラグナだな、こいつはサブでいいや……とか思いながら一日中リピート。

絵コンテ描けって言われたら、今すぐ描けるぐらいに変換完了しとります~ヘ(゚∀゚ヘ)アハハー

ちょっと前に「カーニバル・ファンタズム」というアニメがあったんですが、これのOP映像もファルコムキャラに脳内変換してましたね;;

元がどんな映像なのかはちょっとリンク貼れないので、各自でどうにかして見てちょ。

いやまぁ、ここまで来ちゃったら「頭、大丈夫?」ってレベルなんでしょうけどね(;´Д`)

自分に知識と技術と機材があれば、絶対MAD動画とか作ってたよー!!

ってか、いつか作りたいよー!カッコいいMAD動画とか!!

いつの日かアルウェン様を自由に動かして、あんな事やこんな事してみt……いや、させてあげたいです。



| にちじょう | COM(2) | TB(0) |
2012-01-18 (Wed)
昨年、コナミの完全子会社化となったハドソンが、3月1日付けでコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併され消滅することが分かった。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/17/news111.html


高橋名人が退職し、コナミの完全子会社になっても、ハドソンというブランド名は残す…って言ってたのに、やはり消滅してしまうそうです。
※追記:ブランド名は残るようです。

まぁ正直、今の若い世代だとハドソンって言っても、「よく知らない」か「高橋名人」、「桃鉄かボンバーマンだけ」という印象なんでしょうね。

でも、それなりに年取っちゃったかもな僕らの世代にとっては、学生時代の青春に大きく関わっていたと思います。


PCエンジン時代、ハドソンはファルコムのゲームを積極的に移植してくれました。

僕はPCエンジンのイース1,2で初めてファルコムを知ったので、移植がなかったらどうなっていたのかな。

そして「シューティングゲームと言えばハドソン!」という時代もありました。

ハドソン製シューティングゲームは猿のようにプレイし、一度だけ全国キャラバンを見に行きました。

大会には参加しなかったのですが、初めてゲームイベントに行ったのはコレでした。

そして僕が初めて美少女(萌え)ゲームにハマった「銀河お嬢様伝説ユナ」を作ったのもハドソンでした。

きっと、このゲームに出会わなくても萌えにはハマったとは思いますが(笑)やはり思い出深い作品です。


こうやって思い返すと個人的に、かなり大きく関わっていたメーカーなのです。

いやはや、なんとも寂しいニュースですが、時代の流れなんでしょうね……。

今までお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。・゚・(ノД`)・゚・。

これを機にちょっとPCエンジン引っ張り出して、ソルジャーシリーズとかやってみるかなー。

Bye HUDSON!!



| げーむ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。